Q34.屋根裏収納と天井収納の違いは?


A.

小屋裏収納庫の階段は、1階から2階へ上がる普通階段と同じ物を2階から小屋裏収納庫へも設置出来ます。通常階段のように普通に上がる事が出来るので両手で荷物を持って昇り降りが出来ます。(京都市内の地域に限る)

一般的に天井収納庫には、天収ハシゴ(天井から引き下げて伸ばして階段にする)を使いますが、両手で荷物を持って上がる事が出来ず、その収納階段も急なので物の上げ下ろしも怖いです。

通常屋根裏は夏場で60℃近くまで気温があがるため、小屋裏収納庫を部屋のように快適にするためには、屋根断熱工事で50万~60万円かかると言われています。

イー住まいでは、小屋裏の床部分で断熱するのでは無く、屋根に断熱材を標準施工していますので、小屋裏収納庫が下の部屋の様に快適です。そのため多くのオーナー様は収納庫と使用するだけではなく、子供の遊び場、書斎、アトリエ、フリースペース等に使われ、人気があります。

 

よくあるご質問(Q&A)

 

 

もっと詳しく知りたい方におすすめ

 

イー住まいについて|よくあるご質問(Q&A)

ページトップへ