自分たちらしく暮らそう!

新しくお家を建てようと思ったきっかけは何ですか?

これから新しいお家に住んだら、どんな時間を過ごしたいですか?

例えば、広いキッチンで友人を招いて、ホームパーティーをしたい。

明るいリビングに自分が好きな家具を置きたい。広いウッドデッキをつくって、BBQをしたい。

もちろん間取りは大事です。

でもそれ以上に、これからどんなふうに時間を過ごしたいのか。

その思いが実現できる素敵な空間を一緒に描いてみませんか?

 

 

◆Basic(べーシック)の特徴◆

 

無 垢 床


肌触りも質感も良い無垢床。さまざまな種類の中からお部屋のデザインにあったものをお選び頂けます。

 詳細はこちら

 

 

 

漆 喰 壁


美しい漆喰壁は、耐火・耐久性に優れ、人体に悪影響を与えず、環境にも負荷を与えない自然素材です。

 詳細はこちら

 

 

 

外壁材パワーボード


外壁は断熱性・耐久性・遮音性・防火性に優れた旭化成へーベルパワーボード(37mm厚)を採用。

 詳細はこちら

 

 

 

アルミと樹脂のハイブリット構造


  • フレームをスリム化し、ガラス面積最大化

窓の断熱性能を高めるためには、熱を通しやすいフレームを小さくし、熱を通しにくいガラス面を大きくする必要があります。

サーモスは、アンカー式グレチャンを採用することで、ガラスとフレームを一体化。フレームの極小化とガラス面積の最大化により、優れた断熱性能を実現しています。

 

  • フレームを隠して、熱のロスを低減するフレームイン構造
レームと窓枠のラインを合わせることで、フレームの露出を抑えて断熱性を向上。室内からフレームが見えず、すっきりとした窓辺を実現できます。

 

  • 高断熱を追求し、ガラス高性能化

枚のガラスと中空層で断熱効果を高める「一般複層ガラス」と、特殊金属膜の効果で一般複層ガラスの約2.0倍の高い断熱性を発揮する「Low-E複層ガラス」の2タイプをご用意。

オプションで、熱伝導率の低いアルゴンガスの封入も可能です。

 

  • ハイブリット構造で、フレーム高性能化
室外側に耐久性や強度に優れたアルミを採用し、雨、風、日差しによる劣化を防止。室内側には断熱性に優れた樹脂を採用し、熱の出入りを抑えます。

 

 

国 産 桧 柱


 桧一等KD材 背割無しの柱

木材はどの樹種も辺材は腐りやすいですが、心材の部分は木の種類によって、腐りにくさ(耐朽性)に違いがあります。

腐りにく材には、心材に腐朽菌に対する抵抗性を与える心材物質と呼ばれる抽出成分が含まれるからです。桧は耐朽性が大きい樹種です。
桧はほとんどの用途に対して優れた性質を持つため、高品質な材料として使われます。

一般的に使用される柱には背割れが入っていることが多いのですが、イー住まいでは背割れの入っていない柱を採用しています。

乾燥技術が高いからこそ、背割れなしの柱をつくることができますし、寸法も安定します。
建物全体を支える重要な部材であり、取り換えができない部分だからこそ背割れなしの最高の柱でお家をつくりたいと考えています。

 

   

     

水から生まれた、環境に優しい断熱材「アクアフォーム」


  •   揮発性有機化合物(VOC)等を含む特定建材には指定されていません

アクアフォームは、温室効果の大きいフロンガスを使わず、水を使って現場で発泡させる断熱材です。

シックハウス対策の一環として、厚生労働省ではホルムアルデヒドやアセトアルデヒドなどの揮発性有機化合物(VOC)について濃度指針値を定めていますが、アクアフォームは特定建材には指定されていません。F☆☆☆☆同等以上の性能を有し、面積の使用制限を受けない安全な断熱材です。

 

  • 優れた吸音性能を数値が実証

アクアフォームの細かな連続気泡構造は、吸音性にも優れています。

高い気密性により外部の騒音や内側からの生活音の漏れを軽減するとともに、アクアフォームの細かな気泡構造が音をスポンジ状のフォーム内に吸収します。

 

 

 

高 気 密


高気密住宅を実現することで室内の温度差を少なくし、温かい空間を保ちます。ヒートショックの防止や結露やカビの発生を防ぐことで住宅の耐久性を高めます。

 詳細はこちら

 

>7つのSTYLEの詳細はこちら

>ソラマドの家の詳細はこちら

>ヴィヴァチェの詳細はこちら

 

  

 

 

 

 

 

ページトップへ