センスの良さが光る2つの吹抜を設けた明るい家

プランへのこだわりも全て実現

 子どもの成長に伴い、一戸建てを建てたいと思い家探しをはじめたMさん。

イー住まいを知ったきっかけは、SUUMO注文住宅雑誌。「イー住まいを含め好きな感じの家を、10社ぐらいピックアップして資料請求を送りましたね。資料請求後すぐに連絡をいただき、丁寧な対応をしてくれたのがイー住まいでした。決め手は家と担当者ですね。ネットで見つけた土地をイー住まいが交渉してくれたので正形地として購入でき、希望のプランを実現できました」

テレビを見ながらご飯・・・という生活にしたくなかったので、リビングダイニングはL字型にし、目的にあわせて利用できるプランに。

パン作りが好きなので、キッチンカウンターも広くし、手元が見えないよう高さにもこだわりました。リビング上は部屋がないので、天井を高くすることで広がりが生まれると2ヶ所に吹抜を設置。収納は大きい納戸を1つ設けるより、適所に配置した方が動線も短く片付けやすいとアドバイスしてくれました。

2階洋室は将来、子どもが増えたら間仕切って2室として利用できるように計画。服が好きなので、主寝室には見やすく整理しやすい大きいWICを設置。将来は2階ホールにスタディーコーナーを設けたいので、子ども部屋は少し狭くしました。外観が箱型のスクエアとし、シンプルですっきりとしたデザインに。

「スクラップブックを作って至ったので、希望が伝えやすくてよかったですね。とにかくこだわりが多く、何度もやり取りしましたが、そのたびに、丁寧に説明してくれて、一緒に考えてくれました。家創りは本当に楽しかったです。イメージ通りの家が実現できて、住み心地もよいですね」

Mさん一家の暮らしは、好きなモノに囲まれていながら、モノをあまり持たない暮らしを実現されていた理想なお住まいでした。

 

「子どもが帰ったらすぐに手を洗えるようにしたい」との希望で、玄関近くに洗面室を配置。また洗面室からキッチンへの動線にも配慮しました。洗面横の収納も見せる収納と隠す収納と用途に分けて計画しました。

 

2 階のホールは、 ゆくゆくはスタディーコーナーを設けるように、 ゆったりとしてスペースを確保。吹抜けの照明は、 吹抜けにつけるなら、 この照明と奥様がイメージされていたもの。白 ・ 黒 ・ 茶の色のバランスが絶妙な組合せとなっており、すっきりとした空間になっています。

雑誌を見て気に入った空間をスクラップしていた奥様。打合せの際は、 スク ラップを持って打合せに参加したそう。玄関ホールのコート掛けもそのひとつ。

 

ショップのようなクローゼット空間。適材適所に収納を設けており、 ものがなくすっ きりとした空間に。

 

階段横に、 収納スペースを配置。 「たくさん収納できるの で、重宝しています」と奥さん。お子さんが落ちないに、手摺にはネットを。

リビングとダイニングに設けた吹抜から差し込む光が心地良い空間となっています。手元が見えないよう、キッチンカウンターの高さにもこだわっています。

 

外観は箱型のスクエアとし、シンプルですっきりとしたデザインに。

 

 

 

 

 

イー住まいについて|【オーナー様向け】暮らしを愉しむライフスタイルマガジン「e-life」

ページトップへ