凹凸のない、美しいデザインを優先したシンプルモダンな家

完成見学会で体感した標準の素材が決め手に

 消費税が上がることがきっかけで、家づくりを始めたTさん。

「土地探しをしながらイー住まいの完成見学会などにも参加しました。住宅展示場や他の工務店も見ましたが、イー住まいの完成見学会で見た家がよかったですね。もともと妻は無垢フローリングや漆喰、断熱性に優れて寒くない家がいいと話していました。完成見学会で体感した標準の素材が良い点が決め手に。漆喰壁など予算内で素材の良さがある住まいになると思いました。また営業の方との相性も良かったです。こちらのことをよく理解してくれました」とご主人。

「自分たちの要望を言葉で伝えるより、間取りやデザインへのこだわりをパソコンでイメージを作成してお渡ししました。せっかく注文住宅で建てるなら、生活感のない家にしたくて、動線や家事のしやすさよりもデザインを優先。モノを出さないようにできるような収納を設置。造作も依頼する前に、きちんと何を置くかを確認して伝えました」と奥様。

それをもとに、吹抜けや中庭が外から見えないように視線に配慮するなど、設計士の方がグレードアップして提案してくれたと思います。

「住み心地はとてもいいですね。デザインを優先して動線を気にしなかったけど、使い勝手はいいですよ。すっきりしていると掃除もしやすいです」とご夫婦。

一緒に暮らす猫ちゃんたちも、のびのびと心地よく暮らしているのが印象的でした。

 

生活感のないシンプルな感じが好きで、 室内は奥様の好きな白を基調にすっきりと した空間に。キッチンはグレイのアイランドキッチンを採用。キッチンとテーブルの高さを 揃えるためにキッチンの床を下げました。ダイニングテーブルはイー住まいでオーダーした もの。また家中の収納は家具を置くと凸凹するので、 収納はほぼ造り付けにし、 天井 までの高さに統一しました。

採光や外からの視線に配慮した外観デザイン。直線の美しさが際立つ、 奥行きを 感じさせる、立体感のある外観に。

 

土間と玄関は京都にある禅カフェの雰囲気に。玄関収納は、土間奥に設けて隠す 収納としすっきり。

1 階洗面室は生活感がでない、 ホテルライクな雰囲気に。浴室も透明ガラスとし、 上質な空間にしました。

 

窓の大きさと位置にこだわった書斎スペース。

吹抜けや中庭が外から見えないように、 視線に配慮した間取り。上下階をひと続きにする 吹抜けを設けた開放感あふれる LD にはこだわりの幅広フローリングを採用。

1 階洗面室をホテルライクな雰囲気にするために、 2 階寝室に続く洗面室 + ランドリース ペースとなるユーティリテーを希望。猫は直射日光に当たらなければならないので、 洗面上に 窓を設けてキャットウォークをつくりました。洗濯物を干すのもラクで、 朝は下まで行かなくても 身支度ができるので便利さも実現できました。

 

 

 

 

 

イー住まいについて|【オーナー様向け】暮らしを愉しむライフスタイルマガジン「e-life」

ページトップへ