家族が集うピットリビングのある家

 

 

 

 

地元に戻りたいと思っていたMさん。ご主人の実家を二世帯にして建替えをしようと思い、住宅会社を探しはじめました。

「友人 人がイー住まいで家を建て、完成した住まいを見に行ったら、とてもいい感じだったんです。友人の家創りの話を聞くと、イー住まいはアットホームな感じで、家創りをイベントとして盛り上げてくれ、楽しそうだと思いました。会社を訪れ、その後、完成見学会などに参加。他の工務店も見学しに行ったが、イー住まいの自然な木の感じや洋風の雰囲気がいいなと思い、イー住まいに決めました」と奥さん。

玄関以外は完全に分離の二世帯住宅に。リビング・庭・浴室が広い家が希望でした。

「イー住まいなら、無垢・漆喰が標準で、求めているような家が建てられると思った。実際に完成するまでイメージが持てなかったけど、妻は新居をイメージしすぎて、想像で夢の中で住んでいたと言っていた(笑)。寝室が広く、書斎がほしいという夢も実現し、満足しています」とご主人。「普段の生活をベースに、どんな風に帰ってきて、どんな荷物を持って、どこに置くかなどをシミュレーションして、ここにはこれがあった方がいいというように、収納やプランを考えましたね」と奥さん。

「スタイリッシュな家になり、住みやすく、早く家に帰りたくなりますね。昼間はほとんど照明はいらないですね。漆喰に光が反射して結構明るいです」とご夫婦。

ピットリビングやお庭で、お子さんが楽しく遊んでいる姿が印象的でした。

ひと続きの大空間でありながら、床を下げたピットリビングを実現。キッチンから子どもたちの遊ぶ様子も見えて安心。

床を下げて生まれた空間には収納を設置。ベンチのようにも利用でき、友達が遊びにきた時にも便利です。テレビの下も造作してコードなどもすっきり。引越ししてから、子どもさんがオモチャを片づけるようになったそう。ピットリビングは、下のお子さんがつかまり立ちするのにもちょうどよい高さに。

天井までの建具の高さは奥様のこだわり。漫画が置けるように、廊下ホールに書棚を設けました。

 

すっきりとした収納を設けた洗面化粧室。どこに何を置くかを前もって検討して、収納ケース等を購入したそう。統一感があり、とても収納計画の参考になります。

 

 

 

 

 

 

イー住まいについて|【オーナー様向け】暮らしを愉しむライフスタイルマガジン「e-life」

ページトップへ