中庭を中心に明るさと広さを叶えた住まい

四季を感じる暮らし

 断熱材にはセルロースファイバーを使用したいと思い、工務店を探していたSさん。

「そこで出会ったのがイー住まいですね。インナーガレージにしたいという要望を伝えると、奥に長い敷地を活かして、家の中心に中庭を設けて3階建てにしてはと提案していただきました。おかげさまで妻の希望である中庭も実現できました」とご主人。

「住んでから約4年になりますが、とても快適。光熱費の負担も軽くなりました」と奥さん。

 家族一緒に料理ができるよう、キッチンは2列型に。細々としたものがすっきり片付くよう適所に収納を設置しました。

大きな窓から光が入る明るいリビングの壁面に本棚を配置。中庭に面して大きな窓を確保しているので、明るく開放的です。

中庭には、四季を感じるバラや紫陽花などを植えています。中庭に面しているところで、お子さんたちも勉強されているそう。

Sさんがこだわって選んだ洗面ボウルやタイルを採用した洗面室は、上質なホテルのようです。

お子さんの各部屋には、小さなアールの入り口を設けて、通り抜けできるような工夫も。

まちなかに住みながら、四季を感じることができる、明るく心地よいお住まいです。

 大きな窓から光が入る明るいリビングの壁面に本棚を配置。中庭に面して大きな窓を確保しているので、明るく開放的です。

 

中庭や玄関へと続くアプローチにはエレガントな雰囲気が漂うレンガを採用。プライベート感の保たれた中庭にあるシンボルツリーは、ソヨゴをセレクト。「北向きに強い植物を選んでいるので、そこまで手入れしなくても伸び伸びと成長してくれています。三方建物に囲まれていますが、風通しもいいし、明るくて快適ですね。虫がつかないので助かっています。カエルが遊びにきてくれるので、子どもたちも毎年楽しみにしているんです。中庭では子どもたちがご 飯を食べたりと過ごしています。

 

お子さんの各部屋には、小さなアールの入り口を設けて、通り抜けできるような工夫を取り入れています。

 

こだわりの洗面ボウルやタイルを採用した洗面室は、上質なホテルのようです。

玄関には旅先で出会った絵画を飾っており、海外のホテルに来たかのような雰囲気です。

 

中庭に面した奥の部屋はゲストルーム。「ゲストルームから眺める中庭が本当に心地よいんです。天気の良 い日はここで、ゆっくりと外を眺めるのが至福の時間ですね」と奥さん。温もりを感じる照明や扉の取っ手もエレガントなものを選ぶなど、細部に渡り S さんのセンスが散りばらめられています。

 

 

 

 

 

 

イー住まいについて|【オーナー様向け】暮らしを愉しむライフスタイルマガジン「e-life」

ページトップへ