薪ストーブのある暮らし

自分たちらしい丁寧な暮らし

 家は住み手次第と言われますが、2棟目をイー住まいで建てられたUさんのお住まいは、ご夫婦で手を加えながら、とても自分たちらしく住みこなされています。

吹抜けを設けたリビング・ダイニングには、木の香りや炎のゆらめきに癒される薪ストーブを設置。

動線に配慮して、薪を保存する土間をLDK横に配置しました。薪棚はご主人がDIYされたもの。今後は棚の色を塗装するなど、暮らしを楽しまれています。

また庭を見ながら家事ができるように考えられたキッチン。

庭で木々や花を育てることを楽しまれている奥様は、家の中にユーカリや季節のお花を素敵に飾られていました。

クリスマスに使えるよう、ヒイラギを植えられたそう。

自分たちらしく丁寧な暮らしをされているUさん。

家全体の色合いを統一し、自分たちのこだわりの家具やモノを上手く組み合わせられています。

光と風に満ち、緑を身近に感じられる居心地の良いお住まいです。

 

家事をしながら庭を眺めルことができるように、リビング横に配置したL型キッチン。リビングの一部も独立した空間になるよう、スライドドアを採用。

 

LDK横に配置した薪棚空間。薪棚はご主人がDIYされたもの。

 上下階がひと続きとなる吹抜けの高さを活かし、2階テラスに面した部分には大きな窓を設けました。

「いろんなところにゆっくりできる居場所がある家に」と、階段下に隠れ家のような空間を実現。光が入るように、階段横にも四角くくり貫きを設けました。お孫さんが来られた時は、この空間を利用して遊ばれるそうです。

 

心地よい光が差し込む、明るい2階ホール空間。

外からの視線に配慮し、デザインに変化をプラスした外構。窓に配置されたオーニングがアクセントになっています。

 

 

 

 

 

イー住まいについて|【オーナー様向け】暮らしを愉しむライフスタイルマガジン「e-life」

ページトップへ