自分たちの好きにこだわった、ブルックリンスタイルの家

 

今の住まいの近くで、約20年住んでいた持ち家があり、古くなってきたので、建替ようと思い、家探しをはじめたTさん。

「イー住まいより、現在購入した土地を紹介してもらって。公園の景色もきれいで、一目惚れ。バス停が目の前にあり、駅まで近くなるので、とても気に入り、建ててもらおうと決断。それまで住んでいた持ち家の売却もイー住まいがしてくれました。中古だから難しいと言われたけど、出してすぐに決まったので、ホッとしましたね」と奥さん。

2階からの眺望が良いので、リビングダイニングを2階にしてバルコニーを広くというのが家創りのスタート。

ご主人も「景色がいいし、バルコニーでバーベキューもできるし、2階ならご近所にも迷惑にもならない。この場所だったら2階リビングがいいね」と夫婦の意見もピッタリ。

インテリアはブルックリンスタイルで男前な家を希望。キッチンは奥様の希望で、オープン収納のオリジナルキッチンに。

レトロな雰囲気のルーバー建具を廊下の物入に採用。

玄関は星型の照明、壁一面に貼ったタイルは外観と同じ素材に。

シューズクロークの入口はアーチ型に。

「今は、2階のバルコニーでバーベキューが気軽にできるのが本当に楽しいですね。子どもも大きくなり、自由な家創りを楽しめたので、新しい

家がとても気に入っています。自分の好きなものを集めて飾って暮らせるのが楽しい。引越ししてから外に出かけることが少なくなりましたね。窓の外に広がる緑を見ていることで、季節を感じることができ、とてもゆったりとした気持ちになれます。休日のバーベキューは家族の楽しみになっています」と奥さん。

インテリアや家具など、細部にまでこだわったお住まいです。

 

イー住まいのショールームにあったキッチンに一目惚れして「これがいい」と希望。少し価格が高くなるので、同じ雰囲気のものを探して提案してくれたが、「キッチンだけは妥協できない」とショールームと同じものを採用。お洒落な棚、引き出しも少なく、真ん中に食器洗い機をビルトインしてくれたので収納が少なくなるが、憧れたキッチンで快適に家事ができるように、引っ越し時に断捨離をされた。アンティークレンガのアクセントウォール、床はタイルというのは奥様のこだわりだ。

 

奥様の特等席。ちょうどシングルマットが敷くことができるスペースで、横になってお昼寝することもできる。

 

洗面化粧台はオリジナル。見せる収納になるような棚を設置。タオル掛けもアンティークな雰囲気。ここからバルコニーへ出入りできるので、洗濯物も干しやすい。

外観はいろいろな素材がミックスされ、バルコニー・塀の直線のラインをあわせている。バルコニーは、公園の緑が見えるところにはアイアンの手すりを希望。ウッドデッキの床にあわせて、壁も木目に。リビングから続くところには大きな窓を設けているが、2階なので外からの視線を気にせず過ごせる。

 

外構もインテリアのスタイルと合わせて、ブルックリンスタイルに。ブルックリン風のタイルを門塀とし、ポスト・表札・インターホンともに真鍮のデザインのもので合わせました。

 

「子どもが小さい時は外で出かけてバーベキューをしていたが、今は、2階のバルコニーで気軽にできるのが本当に楽しい」と奥さん。休日のバーベキューの様子を写真で送って頂きました。おしゃれなBBQコンロに、専用の椅子。ベランダからの夕日の景色も最高ですね。

 

 

 

 

 

 

イー住まいについて|【オーナー様向け】暮らしを愉しむライフスタイルマガジン「e-life」

ページトップへ