ブログ

2組の着工式と地鎮祭

松岡 大玄 自己紹介へ
2012/05/20(日) すべて松岡大玄

昨日と今日の2日間で、2組の着工式と地鎮祭を行いました。

両日ともに晴天に恵まれ、最高の地鎮祭日和でした。

 

左京区のT様、本日は地鎮祭おめでとうございます。

T様との御縁は、偶然と偶然が幾度も重なり、本日の地鎮祭を迎えられた事を不思議に思いながら参加させて頂きました。

何か運命の様な物すら感じるのは、思い込みの激しい私だけでしょうか? 

これから、T様の拘りの住まい創りが始まろうとしております。

父から子へと引き継がれながら、なおも味わいを増す素晴らしい住宅になるはずです。

 イー笑顔です。

 

 

北区のN様先日は地鎮祭おめでとうございました。

それにしても「デカイ土地」。

N様の家創りは、兜門を構える純和風建築。

担当大工は池田、設計は田中という、社寺仏閣や数寄屋創りを数多く建ててきた和の匠チームです。

工事の始まりが楽しみです。

 

そして、恒例の着工式の風景。

 

 

今回の着工式も、御客様より感激の一言。二言・・・・ガッツリと頂戴致しました。

 

職人さん達も、始めた時のたどたどしい御挨拶とは打って変わり、回を重ねる毎に流暢になり、今や笑いまで誘うような挨拶を繰り広げてくれます。

流石、維進会のメンバー、仕事もイベントも本気度全開です。

 

 

今回もイー着工式でした。

 

 

 

 京都 自然素材 注文住宅

記事一覧 | 2012年05月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ