ブログ

スペイン漆喰

松岡 大玄 自己紹介へ
2018/09/16(日) 松岡大玄

新しい内装材の漆喰を御紹介致します。

今回、ご採用頂いた漆喰の仕上がり確認に、京都府南部のO様邸に行ってきました。

原料である消石灰にスサとノリを混ぜ、石英の細骨材を加えております。塗り厚も有るのですが、調湿効果も和漆喰に対し2倍程度の優れモノ。

 

光があたると、マットな仕上がりに石英の光沢も少し加わり、い~感じに仕上がっておりました。

 

施工は、この2人の若く寡黙な左官職人によるものです。

仕上がりの些細な所を気遣い、ひと手間余分に掛けてくれていました。

見た目は「イカツイ」ですが、真面目で気の良い職人です。

e-sumaiのブログの影響力を知ってか知らぬか、直前迄にこやかに話していたのに、スマホを向けると緊張で表情が変わりました。

良い仲間達です。笑

 

何時も感じますが、塗り壁の素朴さと青空って良く合いますよね!?

 

帰りに、本社近くで上棟を迎えられているH様邸へ。

向かいのリフォーム・ギャラリーから見える近さ。

間違いなく、最短の現場距離更新です。

 

記事一覧

1ページ (全199ページ中)

ページトップへ