ブログ

健康快適を考えた高性能住宅

松岡 大玄 自己紹介へ
2021/06/24(木) 松岡大玄

現在、健康快適を考えた高性能住宅創りを高める設計手法について社内で取り組んでおります。

 

設備や優れた建材だけに頼り、ただ断熱・気密性能のみを高めるのでは無く、特に密集地である京都の旧市街地において、積極的に冬の日の日射熱取得を取り入れる手法をはじめ、夏場の日射遮蔽や自然風利用・自然光利用などなど、より快適な住宅環境を目指し社内で取り組んでおります。

 

例えば冬の日射熱取得については、16520サイズの掃き出し窓の4窓を南面に配置するだけで、約5,000Wの熱が窓全体に当たります。冬の時期に1,000Wの電気ストーブ数台分に相当する太陽熱を効率良く室内に取り込む事が出来れば、暖房器具を使用しなくても暖かい室内空間が実現出来き合わせて省エネ性が高まります。また、夏は庇などの設置計画により日射遮蔽を行います。

また、卓越風などの自然風を全方位で取り込み利用する事により、冷房を利用せずとも室内に風が走る心地の良い環境が望め、過度にエネルギー消費に頼らず快適な住空間を実現するパッシブな考えかたです。

IBECの気象データによる、地域別の卓越風の利用や考え方、大変参考になりました。

 

キーワードは、最小限のエネルギー(光熱費)で「冬暖かく」「夏涼しい」「風が通る」「明るい」住宅を実現する事です。

 

先ずは、断熱の先駆者でもあります、野池先生によるZoom勉強会からスタートです。

 

7月はe-sumai本社にて、野池先生によるライブ勉強会を全スタッフにて直接レクチャーして頂けます。

 

インプットした事を深く学び、目の前の家創りの為に生かし伝えるスキルを全社員に、上書きインストールして行きます。

記事一覧

1ページ (全246ページ中)

ページトップへ