ブログ

会社の環境も良好!

永田 久美子 自己紹介へ
2019/07/15(月) すべて永田久美子

こんにちは。イー住まいの永田です。

 

観葉植物はインテリアとしてではなく、 自分たちの環境をよくするためのバロメーター

という内容をご紹介させて頂きました。

 

この話をお伺いし、早速イー住まいも観葉植物を取りいれました!!

まずは、「コトハ(cotoha)」代表 谷奥さんに会社に来て頂き、二酸化炭素の量をはかって頂きました。

谷奥さんが持参された二酸化炭素をはかる測定器セット!

二酸化炭素の理想的なレベルが、450~700ppmに対して、なんと社長室の数値が1770と高い数値に!

人体への影響がでてくる数値が、1000ppm:思考力に影響し始める、2000ppm:眠気を感じる人が出てくる と言われているそう。

社長室、大ピンチ!早速、測定した日から換気を行って頂きました。

 

以下が、二酸化炭素の目安ですのでご参考にしてみてください。

 

■二酸化炭素の目安■
450~700ppm 理想的なレベル

<人体への影響>
1000ppm   思考力に影響し始める
2000ppm   眠気を感じる人が出てくる
3000ppm   肩こりや頭痛を感じる人が出てくる
3000ppm以上 集中力や意思決定に支障をきたす

 

 

観葉植物は約2週間で、その環境に順応するそうです。

もし枯れてしまったら、その環境はよくないということの目印だそう。

 

そういうこともあり、なんとしても枯れないようにしたい!という使命で、

水やり・換気を気をつけました。

そのかいもあったのか、観葉植物たちは枯れずにすくすくと成長しています!

 

社長室の大きな観葉植物も枯れずに育っています!!

 

会社の環境も良好という証ですね★良かった!!

 

 

観葉植物を置くことで、人間によりよい効果がありますね。ぜひ、この機会に観葉植物を部屋に取り入れてみませんか?

 

 

 

 

イベント情報などをLINEで配信中(^^)/

友だち追加

 

 

もしインスタグラムやっていたらぜひフォローしてくださいね~

 

Facebookされている方は、いいね!をぜひクリックしてくださいね!

 

ピンタレストはじめました!ぜひご覧ください☆

 

もっと詳しく知りたい方におすすめ

 

 

 

記事一覧

1ページ (全213ページ中)

ページトップへ