ブログ

着工式

松岡 大玄 自己紹介へ
2018/03/25(日) 松岡大玄

先日も、4組のお客様をお招きし、恒例の着工式を執り行いました。

遅れて参加の松岡でしたが、施主と職人が一つになれる着工式。何時になくいいものでした。

 

 

そんな着工式のお蔭かどうかは別として、先日、オーナーの奥様からお手紙を頂きました。

オーナーのH様とは1年程前に御縁を頂き、昨年の12月に御引渡しをさせて頂きました。

その後快適に住まわれ、週末は御友人を招いてお気に入りの住宅での食事会と楽しんでおられる時に、チョットしたアクシデントがあり、たまたま、近くでe-sumaiの工事をしていた職人(維進会)さんが声を掛けられ、事無きを得た御礼と「e-sumaiさんだけは、その後の物語がまだまだ続き、感動の連続がある事を知り・・・」の感謝が綴られておりました。

建てた後も続く関係性、”いいですよね”

それも、職人さんとお施主様が互いの顔が分かり合える着工式があるから出来る事かなと思います。

 

e-sumaiは毎日、沢山のお客様よりお問い合わせを頂き、また多くのオーナーより御友人の御紹介を頂いたりと、感謝する毎日ではありますが、まだまだやりたい事も多くあり、目指す高見には至っておりませんが、理想の家創りのもと、目の前のお客様へ精一杯向き合う事を愚直に行っていきますので、これからもe-sumaiの行く末を見届けて下さい。

 H様、お手紙有難う御座いました。 

 

記事一覧

1ページ (全195ページ中)

ページトップへ