ブログ

空気環境

松岡 大玄 自己紹介へ
2019/06/08(土) 松岡大玄

皆さん、突然ですが室内の空気環境って気にした事ありませんか?

 

先日、ハーブティーを扱った社内イベントの際、改めてハーブの香りとそのリラクゼーション効果に癒され、「緑と香りで社内にリラクゼーションを!」という社内プロジェクトを勝手に発足させました。(笑)

今後は総務部と共に上記プロジェクトを進めて行きますので、皆さん社内の変化に気付いて下さいね。

 

 話がそれましたが、手始めに社内に置く緑の樹種を決める打ち合わせで花屋さんに来て頂きました。

その際、計測器にて室内の二酸化炭素濃度を測定して頂いたのですが、1・2階共、打ち合わせ室やバックヤードを含め、おおよそ一般的なオフィス並みの数値が出ました。ある所を除き・・・

 

そのあると所とは・・・・  その場所とは!~ ・・・・(((>艸< lll)))。o(怖ッ!!)

 

絵文字も駆使し稲川淳二 風に言い回したのですが伝わってませんよね?

屋外が500前後で通常のオフィスで1000前後との事でしたが、何とその場所、松岡の部屋は1700を上回りこの後2000近くを叩き出しました。

道理でこの部屋に居ると眠気がするはずでした。

ゲ!

 

元々狭い1階テナント空間に、打ち合わせ用の4卓のテーブルスペース並びにお子さんが楽しめるキッズルームと社員18名分の机があるバックヤード・給湯室それに男女専用のトイレの順でスペースを割いていったので最後に私松岡の、巷で言う社長室って言われる約3帖程のスペースには机や本棚、事務機器と詰め込まれ、テナントの柱・梁の構造上、開閉できる窓も内倒し窓一つのみ、しかも高所にしか付けられない場所になった事が原因なのか殆ど開閉しません。

とりあえず窓を開け換気を行いました。

すると、風が通り二酸化炭素の数値もみるみる正常値に。

自分専用の部屋と言えども換気の大切さを身をもって実感した瞬間でした。

 

 

 皆さん換気を積極的にしましょう。

 

高気密住宅に成ればなるほど、この換気が重要です。

しかし、積極的に空気を換気すると冷暖房費の無駄遣いが心配されますよね?

そこで、e-sumaiの高断熱・高気密住宅には省エネに役立つ第一種換気システムを採用しております。

どうぞ、弊社の見学会などでその性能を御体感して見て下さい。

記事一覧

1ページ (全213ページ中)

ページトップへ