ページトップへ

ソラマドの家

 

ソラマドであなたらしい家づくり

子育て世代の家族に、もっと生活を楽しんで欲しい。

素敵な家族のシーンを子供達の記憶にたくさん残して欲しい。

「ソラマド」はそんな願いのもと、考案された住まいのかたちです。

   
提案したいのは暮らし方

 

「おしゃれ」で「わくわく」して「人とは違った」家づくりの向こうに、
「おしゃれ」で「笑顔がいっぱい」で「自分らしい」暮らしがあります。

私たちは家づくりの楽しさをそこに住む人と共有することを大切にしています。

「どんな家に住みたいか」より「どんな暮らしを送りたいか」暮らし方について一緒に考えて、

悩み、家づくりにかかわる全員の知恵を絞って、その家族だけの特別な家が生まれていきます。

普段はあまり意識していないかもしれない家族の暮らしについて、しっかりと見つめていきます。

 

また、私たちは「住まいも環境」と考えています。だから変化していくのは当たり前。

開放的で自由な空間を基本に、ライフスタイルや家族の成長に合わせて自由にカスタマイズ出来る暮らしを、提案します。

また、子育て世代の家づくりには「予算」はとても大切なテーマです。

建物本体価格が1000万円台を中心とした、無理をしすぎない予算での家づくりを提案しています。

   

 

脱LDK。

 

家を考えるとき、「家族構成に合わせて、何LDKにするのかを決める。」というのは、ひとつのセオリーかもしれません。もちろん、プライベートは大切です。

でも、限られたスペースを、家族の人数に合わせて区切っていくというのは、何とも味気ない、窮屈な家づくりになってしまうのではないでしょうか?

     

 

ソラマドは、住まいも環境、と捉えています。だから、変化していくのは当たり前。

オープンな空間を基本に、ライフスタイルや家族の成長に合わせて自由にコーディネートする暮らし提案しています。

ソラマドが提供するのは、「器」としての住まいです。

間取りは、暮らしに合わせて進化させていこうという考え方なのです。

 

大切なのは家族

 

ソラマドの家には、「日本の家族の原風景」があります。

昔、日本の家屋は「田の字」の間取りが基本でした。

部屋を細かく区切るのではなく、障子などでゆるやかに仕切り、部屋を広く使っていく。

そこに個室の発想はなく、家族が常に顔を合わせ、仲良く暮らしていくというものでした。

「なぜか懐かしくホッとする空間」

「開放的で仕切りがなく、家族の会話が弾む場所」

日本の家族の原風景とソラマドの家には、多くの共通点があるのです。

 

また、家族にとって「子育て」は大きなテーマです。

「ソラマド」の家は、空間を「このように使ってください」と決めつけていません。

それが子供には、たまらなくワクワクすることなのかもしれません。

 

目をキラキラさせている子供達に負けずに、お父さんお母さんも、自由に遊んでください。

そんな家族の原風景を子どもたちへ受け継いでいきたいと考えています。

 

暮らしの中心にソラマドキッチン

 

テーブルがいっしょになった大きな手造りキッチン。

子どもたちが遊んだり宿題をしたり、大人だってちょっとした仕事をする場所に早変わり。

まるでオシャレなお店のようなカフェテイストのデザインです。

 

家族でだんらんソラマドデッキ

 

家族が自然にあつまる場所。

気持ちの良い青空の下、朝食をとったりハンモックでお昼寝したり…使い方はあなた次第。

明るく開放感がありながらプライバシーに配慮したつくりです。

 

 

>カーサヴィヴァーチェの詳細はこちら

>LAスタイルの詳細はこちら

 

もっと詳しく知りたい方におすすめ