ページトップへ

よくあるご質問(Q&A)

リフォームよくあるご質問(Q&A)

お客様より寄せられる、よくあるご質問をご紹介いたします。

ご質問


 

Q1. 小さな工事でもお願いしていいですか?

A. 

もちろんお任せください。網戸の張り替えから水漏れ補修、手すりの取り付けなど、住まいに関するトラブルでしたら何でもご相談ください。

 

 

Q2.お見積りしてもらうのは費用がかかりますか?

A. 

もちろん無料にてご対応させていただきます。お気軽にお問合せください。

 

 

Q3.お見積りってどうやってお願いすればいいの?

A.

まずはお問合せからメールをお送りいただくか、直接お電話してください。そこで大よそのお見積をすることは可能ですが、実際に現場を確認させていただくことで、より正確なお見積りをお出しすることが出来ます。

 

 

Q4.お見積りをもらったら工事をお願いしなければいけませんか?しつこく営業されませんか?

A.

そのようなことは、一切ございません。もちろんご指名頂けるように、精一杯お客様のお手伝いをいたしますが、無理に工事を勧めたり、しつこくご連絡をするようなことは致しません。
お客様がご納得いただいてから、工事のご依頼をしていただければと思います。

 

 

Q5.リフォーム費用の内訳ってどうなってるの?

A.

リフォーム費用は「材料費(商品代)」+「工事費用」にてお見積り致します。工事費用は必要な職人の数や、作業にあたる人数、日数にて変動致します。

 

 

Q6.1カ所リフォームすると、他の部分も押売りされない?

A.

もちろん、そのようなことは基本的にはございません。住宅に大きく影響する問題があった場合にも、必ずお客様にご説明し、お客様の合意無くして工事をすることはございません。

 

 

Q7.リフォーム費用以外にかかる費用はありますか?

A.

大型リフォームの場合、敷地に余裕が無ければ資材置き場や工事車両用の駐車場を借りる必要があります。
仮住まいする場合は、家賃や引越し代がかかります。
またローンを使用する場合、事務手数料が必要です。

 

 

Q8.リフォームローンは使用できますか?

A.

お任せください!イー住まいでは都市銀行はもちろんのこと、地銀や信用金庫とも業務提携をおこなっておりますので、お客様にあったローンをお探し致します。お気軽にご相談ください。

 

 

Q9.リフォームをお得に出来る方法はありますか?

A.

現在特定のリフォーム工事には国や地方自治体から補助金が出る制度がございます。

 

 

Q10.リフォーム用の保険って何かありますか?

A.

イー住まいでは株式会社日本住宅保証検査機構(略称/JIO)の「JIOリフォームかし保険」をご用意しております。小規模工事~大規模工事まで対応できますので、お気軽にご相談ください。
詳しくは以下のページをご覧ください。
→ 詳しくは保証・アフターページへ

 

 

Q11.リフォーム後も相談に乗っていただけますか?

A.

もちろん今後もお客様のご相談やお問い合わせに真撃にお応えしてまいります。

 

 

Q12.リフォームで断熱は出来ますか?

A.

もちろん可能です。住宅の状態にもよりますが、専門スタッフに確認し、出来うる断熱リフォームをご提案いたします。
→イー住まいの断熱リフォームについてはこちら

 

 

Q13.リフォーム(工事)中に、外出はできますか?

A.

リフォーム(工事)中に、お客様が外出されても問題ありません。ただし、防犯上の観点から戸締りと貴重品の管理はお願い致します。

 

 

Q14:住みながら、お風呂や・台所・トイレの工事ができますか?

A.

もちろんできます。
台所の工事はキッチンの入替えだけですと、早ければその日の内にご使用いただけます。
2日以上かかる場合は担当者からご説明させて頂きます。

 

 

Q15:住みながらの工事は可能ですか?

A.

住みながらの工事は可能ですが、その分養生費用や家具移動などが増えることで工事期間が長くなることや工事費用が高くなるケースがあります。大規模なリフォームの場合には仮住まいをお勧めしております。
状況と工事規模、工事内容に応じて、ご相談をさせていただいてからと考えております。

 

 

Q16:追加料金などは、発生しませんか?

A.

基本的には、追加工事が発生しないよう綿密なお打合せをさせていただいております。
ただし、発見不可能な箇所部分につきましては、ご相談願います。

 

 

Q17:工事中、職人さんへのお菓子やお茶はどうすればいいの?

A.

一切不要です。
お気持ちはありがたく頂戴させていただきます。
リフォームのスタッフが休憩させていただく場合がございますが、
お客様へご迷惑をおかけすることが無いようにさせて頂きます。

 

 

Q18:どのくらいの期間がかかりますか?

A.

自由設計リノベーションの場合、マンションや小さめの一戸建の計画全体で、約5ヶ月(設計打合せ〜工事竣工まで)です。
また、構造補強や外壁工事を伴う場合は、プラス1ヵ月〜でお考えください。
出来る限りみなさまのご事情にあわせたスケジュール対応をしますが、こだわりのデザインを反映させた丁寧な施工をこころがけておりますので、設計・工事期間の大幅な短縮はご希望に沿いかねる場合がございます。

 

 

Q19:最初は何から始めたらいいですか?

A.

まずは、お電話かメールで気軽にお問い合わせください。
その後日程を調整のうえ、一度事務所にお越しいただき、具体的なご相談をお受けします。
その際、敷地図・間取り図など、家作りに必要だと思われる資料があればご持参いただけると幸いです。

 

 

Q20:現地調査では、何をするのですか?

A.

当社での「現地調査」とは、リフォーム内容の確認のことをいいます。
お客様の要望等をお話させて頂き、現状のどこを直しどのような形にするのが理想的なのかを確認させていただきます。
その際には図面などをご用意いただきますとよりスムーズな調査が行えますが、
もちろん、何もなくても当社が調査・採寸をいたしますのでご安心ください。

 

 

Q21:工事前の近所への挨拶はどうしたら良いですか?

A.

戸建でもマンションなどでも、共に工事着手前に当社の担当者がご挨拶に伺いますのでご安心ください。
※特に、管理組合での取り決めがあるマンションの場合には、工事を円滑に進めるためにもご挨拶をさせて頂いております。

 

 

Q22:実際にリノベーションした物件を見ることができますか?

A.

お施主様のご好意によりご案内する事ができます。
日程の調整が必要ですので事前にご連絡をお願いいたします。

 

 

Q23:チラシに載っている価格で本当にできる?

A.

掲載させて頂いている内容通りの工事・ご予算で工事をさせて頂けます。
そうはいっても、リフォームの現場は千差万別なのが本当のところです。
現場によっては若干プラン・ご予算の変更を要することも必要になってきます。
そのために一度ご訪問して、現地調査をさせて頂いております。(当然、無料です)
“お値打ち”であるということも含めて、“満足して頂ける最適な住空間“の提案をしていきたいと考えています。

 

 

Q24:マンションも自由にリフォームできるの?

A.

マンションには個人(持ち主)の専用スペースである専有部分と、住人全員で共有する共用部分があります。
このうちリフォームしていいのは専有部分だけで、共用部分についてはリフォームできません。
専有部分がどこまでで、共用部分がどこからかという線引きは、マンションの管理規約や使用細則などに記されているはずです。
特に誤解しやすいのはベランダです。ベランダは万が一に備えて避難通路になっていることが多いため、原則としてリフォームできないことになっているところが多いようです。
また、玄関ドアやサッシはマンションのデザインの一部であることから、勝手にリフォームできない場合もあります。
専有部分の間取りを変えたり、内装に手を加えたりするのは問題ありませんが、キッチンや浴室などの水まわりの位置を大幅に変更する場合や床暖房の設置などにより電気の容量が数倍にもアップするような場合には、事前に調査や相談が必要です。
また、騒音に配慮して床材などの素材や仕様が限定されている場合もあります。
さらに、工事をするときの連絡や、材料を運ぶときの養生(ビニールシートのかぶせ方)などについても指定しているマンションもあります。
マンションリフォームをする場合は、管理規約のリフォームに関する制限事項をあらかじめ確認し、事前にマンション管理組合に届け出るなどの準備をさせて頂きます。

 

 

Q25:窓の結露を無くす事は出来ますか?

A.

全く結露を無くす事は出来ないですが、内窓を取り付ける事により部屋と外気の温度差を低くする事により結露を発生しにくく出来ます。
窓枠も樹脂製の商品もございますのでより結露対策に期待出来ます。
また内窓を設置出来ない場合でも、窓硝子を従来の単板硝子からペア硝子に交換する事でも結露を防ぐ事が期待出来ます。
結露対策のみならず、内窓やペア硝子にする事によって断熱効果が増し、夏のエアコンや冬の暖房の効きも向上が期待出来ます。
結露にお困りの際はご相談下さい。

 

 

Q26:水回りの商品はどのメーカーの商品でも取付出来ますか?

A.

取付できます。
お客様のご要望のメーカーや商品がございましたら、ご遠慮無くお教え下さい。
寸法等の施工上問題が無ければ取付は可能です。

 

 

Q27:壁紙を張替たいのですが、少しの範囲でも張替てもらう事は出来ますか?

A.

張替可能です。
最近ではアクセントクロスとして部屋の壁一面だけ張替たりされるお客様もおられます。

 

 

Q28:漆喰壁が良いとHPに書かれていますが、今の壁から漆喰壁にリフォームする事は出来ますか?

A.

可能です。
漆喰壁のみならず、イー住まいが扱っております薩摩中霧島壁という漆喰以上の性能を誇る商品もございます。
一度ご相談下さい。

 

 

Q29:無垢フローリングにしたいと悩んでいるんですが、やはり大がかりな工事になりますか?

A.

現状の床の状態によりますが、場合によっては現状の床の上から、そのまま無垢フローリングを施工する事も可能です。
一度ご相談下さい。

 

 

Q30:工事期間や時間を合わせて頂くことは可能ですか?

A.

可能です。
お客様のご都合の良い日程、時間にて工事させて頂きます。

 

 

Q31:工事する部屋の荷物などはどうしたらいいですか?

A.

重い家具、荷物の移動などは私共でお手伝いさせて頂きます。

 

 

Q32:工事中、家に傷がついたりしませんか?

A.

イー住まいスタッフや施工業者によってきちんと養生させて頂きます。

 

 

Q33:増築で家を広くしたいのですが、どこまでできますか?

A.

増築する部屋の使用目的はもちろん、外観もよく考慮することが必要です。
一階部分に既存の屋根の下に差しかけての増築が費用的には安くすみますが、天井が低くなったり、見かけも良くありません。
逆に、一部を解体して既存の部分を広くする場合や平屋に2階を増築する場合などは費用も工期もかかります。
また、建築基準法で規制を受けたり、確認申請が必要な場合もありますので住宅の地域の指定など事前に確認しておくと必要があります。

 

 

Q34:住宅のリフォームで間取りの変更は自由にできますか?

A.

家屋に構造によってはできないリフォームがあります。以下、代表的な構造でお答えします。

①在来工法(最も多い一般的な木造住宅)
木造住宅の中では、法的な規制を守ればかなり自由にプランできます。
ただし、一部屋を大きくする、大きな開口部を設けるときは、補強なども必要なので検討が必要です。

②2×4工法(輸入住宅、メーカー系住宅)
壁で建物を支える構造の為、間取り変更は制約が多く、壁を壊して部屋を広げるなどの増改築には制限があります。

③プレハブ工法(メーカー系住宅など)
メーカーにより材質や工法はまちまちですが、一般に壁パネルを合わせた工法の為、開口部を設けたり壁を取り除いたりには制限があります。

④鉄骨造
在来工法でいう筋かいと同じようなブレースが壁面に入っている為、壁を取り除いたりには制限があります。

⑤鉄筋コンクリート住宅
柱と梁以外は自由に間取り変更が可能です。
ただし、面積が広い住宅で補強のコンクリート壁が設けられている場合、その壁は壊せません。

 

 

Q35:古い木造住宅の場合、建替とリフォームではどちらがいいですか?

A.

全面改修で新築より高額になる場合やかなり老朽化が進み、地盤や土台、柱に問題がある場合などは、建替をおすすめします。
ただし、建替となると取り壊し費、2度の引越し費用や仮住まい費用、登記の費用など、余分に資金が必要です。
予算に限りがある・急を要する場合や建物が敷地ぎりぎりに建っている場合など、建築基準法が建築当時と異なっていると規制を受けて建て替えると今より小さい家屋になるときもリフォームをおすすめします。
京都市の場合、接道条件等の関係で建て替えができない可能性もあります。

 

 

Q36:リフォーム会社で特徴が出やすいところはどういうところがありますか?

A.

一口にリフォーム会社といっても本当にいろいろです。
住宅メーカーや工務店がリフォームもやっていたり、もともと水道工事や内装工事を専門にしている会社がリフォームを手がけるようになったり、元をたどってみると、実にいろんな形態の会社があります。
イー住まいは、自然素材にこだわった注文住宅を手掛ける工務店です。これまで手掛けたお客様の施工事例をご用意しております。自然素材やデザインにこだわったリフォームを得意としておりますので、お気軽にご相談ください。

 

 

Q37:満足のいくリフォームをするには?

A.

現在お困りの事、不満に思っていることを箇条書きにチェックシートを作っておくと、リフォームする箇所の優先順位や配分も決めやすくなります。 
また雑誌やHP等で、ご自分のお好きなインテリア・家具のイメージを情報収集しておくと要望が伝えやすくなるので、おすすめです。

 

 

Q38.リフォームや器具の取替の目安ってありますか?

A.

使用材料や頻度、経年によっても変わってきますが、大まかな目安です。

●キッチン・浴室・トイレ・洗面所などの住宅設備 

→15~20年ごと 給排水管、ガス管等もチェックし合わせて取替されるのをおすすめします。 

●塗り壁.ビニールクロス.カーペット フローリング張替 

→ 10~15年 フローリングは場合によっては上張りするほうがコストを抑えられる事もあります。

●外壁塗り替え(吹付タイル工法) 

→ 約10年

●屋根の塗り替え
 
→材料により異なるカラーベストの場合は、新築から10~15年 以後6~8年。 
常に雨風や太陽の熱と紫外線に晒されている場所なので、早めの対策が必要です。
割れの補修、破風板等の塗装に伴う樋の掛け替え等も費用として考える必要が有ります。
カバー工法という重ね張りができる物も有ります。
葺き替えで出る廃材の処分費も節約できます。(下地の状態による)

 

 

Q39.高齢者に配慮したキッチンは?

A.

床:濡れても滑りにくく、汚れにくい仕上げにするのをお勧めします。

調理器具:火の出ないお手入れしやすいIHクッキングヒーターがお勧めです。

キッチン本体:車いすやスツールに座ったままで作業できるニースペースタイプのキッチンもあります。 
立ち仕事でもキッチンに寄り掛かれるように大きなフラットバーが付いている扉も年配の方には負担を減らせるアイテムです。 足元には床暖房を付けたり、温風の出る機能付きのキッチンもあります。

 

 

Q40.高齢者に配慮した浴室は?

A.

介護が必要になった時の場合を考え1坪以上のユニットバスをお勧めします。 
洗い場と出入り口には手摺を設置。洗面所とともに裸になる場所はヒートショックを起こしやすいため、温度管理はしっかりとし、浴室には温風乾燥暖房器を取付するとなおよいです。 
またお風呂は事故が起こりやすいため、引き戸か折れ戸とし、外から開けられるようにしておくとよいです。

 

 

Q41.高齢者に配慮したトイレは?

A.

スペースに余裕が有るならば、1坪くらいのスペースが有ると車椅子が回転できます。
手洗いは便器と別に設置。水栓は無駄な量を抑える自動水栓にするのをお勧めします。 
入口はできれば引き戸、手摺は便器から立ち上がる時用に便器先端より少し20~30cm先に縦手摺がベストです。
便器は便座や便蓋の自動開閉や、自動洗浄機能は機能なし便器よりも金額は高くなりますが、付けておかれると便利な機能です。

 

 

 

  

 

もっと詳しく知りたい方におすすめ